仕事のルールが決まっている

お店ごとに異なるルールがある

普通の仕事を探してみよう

他の仕事と風俗の仕事を掛け持ちしたい人は、昼間の仕事を探してください。
普通の飲食店やアパレルの仕事と、風俗の仕事なら掛け持ちにしていい決まりになっている風俗店が多いです。
すると、風俗の仕事だけをする時よりも稼げるのでおすすめです。
しかし昼も夜も働くことになります。
身体を休める時間が少ししかないので、疲れが溜まらないように工夫してください。

毎日、2つの仕事を続けると疲れがすぐに溜まってしまいます。
昼間の仕事も風俗の仕事も、シフトの融通が利くところがいいですね。
それなら休みを申請すれば受理されるので、疲れたら遠慮しないで身体を休めてください。
疲れが溜まると、どちらの仕事も中途半端になってしまいます。

風俗の仕事を掛け持ちにする

お店によっては、種類の違う風俗だったら掛け持ちにしていい決まりになっています。
ソープで働いている人は、キャバクラでかけ持ちなら大丈夫です。
風俗同士の仕事を掛け持ちにした方が、早く高額なお金を稼ぐことができます。
しかし風俗で働いたことがない人が、いきなりたくさんの仕事に手を出すことはおすすめできません。

肉体よりも、精神的な負担が大きくなってしまいます。
まずはどちらかの仕事に専念して、慣れたら掛け持ちにするのが良い方法です。
あとから掛け持ちにする場合も、前もってどんな仕事だったら掛け持ちをしていいのか聞いてください。
また実際に別の仕事を始めることになったら、店長に伝えておきましょう。
内緒で始めることはしないでください。